大阪の幼児教室、幼児教育と小学校受験のパスカルキッズです。大阪教育大学附属天王寺小学校、大阪教育大学附属池田小学校、大阪教育大学附属平野小学校、追手門学院小学校、城星学園小学校、同志社小学校、立命館小学校、関西学院初等部、関西大学初等部、洛南高等学校附属小学校等各小学校受験対策から幼児能力開発についてご提供しております。

これまでの卒業生とお母さんの声

Hさんのお母さん 大阪教育大学附属天王寺中学校合格
パスカルキッズを卒業してからは進学塾に移りました。最初は宿題が多く大変で、塾からの帰りも遅く心配しましたが、友達や学校の先生の応援もあり自分のペースをつかんでいきました。パスカルキッズで学んでいたおかげで、集中力や学習習慣は身についていましたし、特に算数はスムーズに受験勉強に移行できたようです。幼児から学ぶことに興味を持ち、集中力、学習習慣などを身に付けることはとても大切だと思います。
Hさん 大阪教育大学附属天王寺中学校合格
パスカルの授業は楽しくて、自分は、他の人より問題を理解し、解く力が身についていることに気付いたのは、パスカルを卒業後、進学塾に行ったとき、他の子に比べてスムーズに授業について行くことができた時でした。余談ですが、教室でのクリスマス会やビンゴ大会がとても楽しみで思い出に残っています。
Iさんのお母さん 金蘭千里中学校合格
パスカルキッズ卒業後は、大手の進学塾に通塾し、その時に言われたことは「算数で決まる!」ということでした。幸いにも、パスカルキッズで学習の基盤を作って頂いていたので本当に助かりました。やはり、幼少期から様々なパズルや教具また、知的なゲームなど、様々な頭の使い方を学ぶことで、集中力や様々な考え方が身についたと思います。
O君のお母さん 開明中学校合格
当時ある大手塾に通塾していて、お友達のお母さんから「内容も良くて、先生がすごく熱心な教室がある」とお聞きしてパスカルキッズに通塾するようになり、4年生からは中学入試のために大手進学塾に通塾しました。パスカルキッズで学んでいたおかげで、文章題などの計算がさっと暗算でできることで考える時間が増え、何より様々な角度から物事を捉えじっくり考える思考力が身につきました。
T君のお母さん 大阪府立四畷高校合格
パスカルキッズには少し遅い、小学2年生から通塾をはじめました。私は正直、子供にうるさく言ったことがありません。子供は自分で考え自分で学んできたように思います。
パスカルで、難しい問題に当たった時の粘り強さや、空間を捉える力が身に付いたことが役に立っていると本人は話していますが、親としては通塾することでコツコツ学習を続ける姿勢が身に付いたことがありがたく思っています。
Kさんのお母さん 大阪星光学院中学校合格
パスカルキッズを卒業して、中学受験専門塾に入りました。
パスカルの時から机について1人で学習するスタイルは変わっていません。家庭学習は小5まではマイペース、丸付けは私がし、わからないところは父親が教えていました。平日は1日1時間、休日は2~3時間すれば多い方でした。小6からは、全て塾と本人に任せてましたが、よく頑張っていたと思います。ただ、朝起きるのが苦手で、朝6時に起きるようにするため、半年間毎日何度も起こすのは大変でした。
パスカルキッズの学習で特に役立ったのは、計算力。桁数が多いものでも頭の中でやってしまいますので文章題などでは考えが途切れることがありません。また、深いところまで考えをつき進める力がついていたこと。特に、算数はパスカルの4年間で基礎的なことは十分身に付けていたと思います。
兄妹2人ともパスカルで4年間、通わせていただきましたが2人とも行かせてよかったと思います。性格も成績も全く違う二人ですが、その日の子供の様子を見て、指導法やスピードを工夫していただき、二人とも辞めたいと言ったことは一度もありませんでした。
幼児期の学習はできると楽しいし、褒めてもらえます。初めは遊びの延長でしたが、親からも先生からも褒めてもらえることでどんどんやる気を出してくれました。学ぶことやできる自信をつける良いきっかけになると思います。
K君 大阪星光学院中学校合格
パスカルで印象に残っているのは、授業最後のゲームの時間やクリスマンス会などのイベント。これらがとても楽しみでした。また、テキストが1つ1つできるごとに「やった」という達成感があったのもよく覚えています。3年生まで、パスカルで学んでいることは、4、5、6年生の受験勉強に入った時に大きな差になると思います。今やっている、複雑な計算も必ず役に立ちますのでがんばってください。